PRSの魅力

PRSは1985年に設立された比較的新しいアメリカのギターメーカーの一つです。

創業したその当時から「普通ではないギター、大きな魅力を備えたエレキギター ギターを作成する」ことを至上とし、強い耐久性と、まさに芸術とも言えるようなエレガントさ兼ね備えたエレキギター を自社の製品に課しています。

PRS独自の考えを体現しているギターが多くのミュージシャンから愛されています。

PRSは、ポール・リード・スミスの頭文字を取った略称です。

PRSの特徴は何と言ってもゴージャスなルックスでしょう。

バードインレイと言われる、空を飛ぶ鳥を模した指板のインレイはひと目でPRSと分かる、大きな特徴になっております。

それに加え、満ち欠けする月を模したムーンインレイであったり、フィギュアドメイプルという斑点のない希少な木材をボディトップに用いた「10top」というシリーズなど、ユーザーの好みに合わせた様々なオプションが用意されております。

PRSの創業者であるポール・リード・スミス氏は、設計のコンセプトとして「GibsonのユーザーとFenderのユーザーの両方にも愛されるような楽器を提作りたかった」とインタビューで答えています。

その言葉をそのまま反映している機能が、5wayロータリースイッチと言えるでしょう。

PRS製の2つのハムバッカーピックアップの、どの位置をアクティブにするかで、レスポールのようなハムバッカーのサウンド、ストラトキャスターのような繊細なシングルコイルのクリーンなサウンドまでひとつのギターで出すことができるようになっています。

PRSを愛用している最も著名なギタリストは、カルロス・サンタナと思われます。

ダブルカッタウェイのPRSで甘いギターソロを弾いている姿は多くのギタリストを魅惑しました。

エレキギター初心者におすすめは何といってもSEシリーズでしょう。

様々なバリエーションがございますが、SEシリーズPRSのフラッグシップモデルであるCUSTOM24の特徴を可低コストで体現しております。

楽器の作りも頑丈なため、ずっと愛用できる1本でしょう。

PRSが高い評価を受ける理由は主に2つあると言えるでしょう。

プレイヤーの幅広いニーズに応えるバリエーション豊かなサウンド、芸術品とも呼べる造形美です。

ひと目でPRSのギターだとわかる優雅な見た目は、メトロポリタン美術館に展示されるなど、芸術作品としても高い評価を受けています。

もし良かったら、ギターショップで見かけたら試し弾きしてみてくだいね。

きっとその機能美・造形美に圧倒されることとなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました